スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笘?art3 vol.3笘?




さて、私がつい夢中になったことはウォーターバトル♪♪♪

赤チーム、黄チーム、緑チームの3チームで陣地は森を挟んで三角形に配置。敵陣地は森に遮られて見えず、右から赤チーム、左から緑チームが攻めてくる設定。

第一回戦「黄チームは守ります。攻めないで守りに徹します。」

え~!守りじゃ面白くなくない?

「小学3年生以上の半分は右の道。半分は左の道。2年生以下は隊長を守ってください。隊長のポイは皆の命です。」

準備完了。「さあ、皆、隊長がウォーターっていったらバトルって言うよ!」

「ウォーター!」
「バトル!」

開戦の笛の音!

しばし、攻撃うけず、左の赤チームからチョロチョロと敵が現るも黄チームの女の子が身体を張って守る!強い!

森の奥から大きなかけ声、どうやら赤対緑が戦っている様子。

すると赤チームが退避。「隊長がやられたから俺たち負けだって(赤の少年)」

隊長「皆!緑チームが左から来るぞ!隊長を守れ!」
外野の親「ほら、あっちあっち、赤は攻めて来ないから左側に行きな!」

おっと緑の隊長は自ら敵陣地に現る。さらに精鋭を引き連れてる。これは強いぞ。

しかーし、黄チームも守りに徹していた精鋭が走って前に出る。

緑隊長「行け~!」

子供たち入り乱れ、黄対緑。
赤と一戦終えてからの黄と二戦目敵陣地に乗り込み、人数が少ない緑、守りに徹して力温存の黄。すると怯んで弱気になった緑隊長が退避した瞬間。

黄隊長「緑隊長をやっつけろ~!」

黄チーム全員で追いかける。

わー!わー!わー!

どうやら緑隊長を撃ったよう。

「黄チームの勝ち!」
「ヤッター!」

そして、この戦いを第4回まで、1回ごとに作戦は変更され、トータル2時間。

あたし、途中で飽きて観戦を止め、参戦してる凛は「面白くなかった」またの子は「寒い」と。
4回戦はグダグダだったよ(父)
「これ、作戦は一般人の隊長にしっかり仕込まれてるね」
など感想は様々( ´艸`)
それでも思い出に残る面白い戦いだったのよ(≧▽≦)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。